54QTステンレスクーラーボックスおすすめ6選:ファミリーキャンプ最強保冷モデル

当ページのリンクには広告が含まれています。

容量が54QT(51L)もある大容量のハードクーラーボックスは家族での宿泊キャンプや大人数でのグループキャンンプ、BBQにオススメです。大型のハードクーラーボックスは多くの食材や飲み物を長い時間保冷することができるので、1つ持っているとグッとキャンプの快適さが向上します。重さや収納面では54QT大型クーラーボックスを買うことにはハードルはありますが、手にするとその保冷力と大容量が使いやすく気に入ってしまうことがほとんどです。本記事では、そんな54QT(51L)のハードクーラーボックスを6選紹介します。

目次

54QTステンレスクーラーボックスのQTってどんな単位?何リットル?

コールマンのステンレスクーラー
出典:Amazon

QT(クォート)とは液体の量を測る単位

QTとはクォート(quart)を省略したもので、アメリカやイギリスで使用される容量の単位です。主に液体の量を測るために使われ、キャンプ用品やクーラーボックスの容量を示す際にもよく用いられます。

1アメリカクォート(US quart)約0.946リットル(946ミリリットル)
1イギリスクォート(Imperial quart)約1.136リットル(1136ミリリットル)
クォート、リットル換算表

クーラーボックスの容量表示にはアメリカのQT(クォート)を使用

日本で販売されているクーラーボックスの容量表示では、アメリカのクォートが一般的に使用されます例えば、「54QTクーラーボックス」とは、54アメリカクォートの容量を持つクーラーボックスを表しています。

1 US quart = 0.946リットル
54 US quarts = 54 × 0.946リットル ≒ 51リットル

54QTクーラーボックスの容量は、上記の計算式より約51リットルになります。クーラーボックスを選ぶ際には、この換算を参考にして自分の必要な容量を確認すると良いでしょう。

キャンプで使いたい54QT(51L)大型ステンレスクーラーの選び方

氷イメージ

このサイズは、大人数でのキャンプやバーベキュー、長期間のアウトドア活動に適しています。以下に、54QTステンレスクーラーボックスの選び方のポイント2つを紹介します。

54QTステンレスクーラーボックス選び方のポイント① 保冷力

キャンプやBBQでは冷たい飲み物や食材を長時間保存する必要があります。優れた保冷力を持つステンレスクーラーボックスは長時間のBBQや泊まりのキャンプに最適です。保冷力は一般的に、ボックスの断熱性能や密閉性によって決まります。断熱性能の高いボックスは、外部の温度が高くても内部の温度を一定に保つことができます。また、密閉性の高いボックスは冷気の漏れを防ぎ、保冷力を長時間維持します。

54QTステンレスクーラーボックス選び方のポイント② 機能性

54QTサイズのステンレスクーラーボックスは、機能性も重要です。51Lの大容量を食べ物や飲み物で満タンにすると、重さは約20キロ程度になります。持ち運びしやすい持ち手の形状になっているかは重要なポイントです。ローラーが付いているタイプも大型サイズになると選ぶこともができます。また排水口の有無や保冷剤や食材を整理しやすい仕切りやトレイが付属していると便利に使用できます。またステンレスタイプのクーラーボックスは天板に物を置いたり、イスとして座れるぐらい耐久性が高いものもあります。ボトルオープナー(栓抜き)がついているものもあります。

54QTステンレスクーラーボックスを購入の際の注意点

ステンレスクーラーは保冷力や機能性は抜群ですが、重量が6〜8キロと重いのが玉に瑕です。パンパンに食材や飲み物を入れると合計で20キロ以上になります。オートサイトで車から降ろしてすぐにサイトを作れれば良いですが、駐車場から移動がある場合は、アウトドアワゴン (キャリーワゴン)の使用をおすすめします。

アウトドアワゴンで1番人気のコールマンアウトドアワゴンのレビュー記事です↓

ステンレスクーラーも積めるアウトドアワゴンの筆者おすすめ10選を紹介しています↓

キャンプで使いたい54QTステンレスクーラーボックスおすすめ6選

タラスブルバのステンレスクーラー
出典:Amazon

容量が54QT(51L)もある大容量のステンレスクーラーボックスは家族での宿泊キャンプや大人数でのグループキャンンプ、BBQにオススメです。価格もそれなりにしますが、保冷性は2〜5日も冷気を保つことができ、1つあれば飲み物も食べ物もたくさん入れることができます。家の冷蔵庫が1つのように、クーラーボックスは大きい方が便利なことが多いです。それでは、筆者おすすめ6選を紹介します!

コールマン(coleman) 54QTステンレススチールベルトクーラー

54QTのステンレスクーラーを言えば、コールマンの「 54QTステンレススチールベルトクーラー」といっても過言じゃないほど有名な一品。1954年発売のビンテージレトロなデザインと実用性、耐久性を兼ね揃えたクーラーボックスの銘品です!見た目の格好良さもさることながら、厚さ3cmの発泡ウレタンがトップにもボディーにも入っていて、保冷力も抜群です。ハンドルには持ちやすいようにラバーグリップ、排水タブもワンタッチでと細部まで作り込まれています。

コールマン(Coleman) 54QTステンレススチールベルトクーラー(ボトルオープナー付き)

こちらも同じコールマンの54QTステンレススチールベルトクーラーですが、若干デザインが異なります。本体し正面には、ボトルオープナー(栓抜き)が付いており、クーラーボックスから瓶を取り出してそのまま開ける事ができます。約4日の保冷力や丈夫でサビに強いステンレス製など、機能性も抜群です。見た目も無骨なステンレスのワントーンカラーがカッコ良すぎるステンレスクーラーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレスフォームクーラー

コストパフォーマンスが高いアウトドア用品を販売するキャプテンスタッグ のステンレスフォームクーラー。ワントーンカーラーでシックでオシャレなデザインに、水抜き、栓抜きの欲しい機能ももちろん付いています。コールマンのスチールベルトクーラーも良いけど、周りと被りたくない人はキャンプテンスタッグがおすすめです!

タラスブルバ (TARAS BOULBA) ステンレススチールクーラーボックス L

タラスブルバは、日本のアウトドアブランドとして、高品質で機能的なキャンプ用品やアウトドアギアを提供しています。ステンレススチールクーラーボックスLは、約2万という低価格で高品質でカッコ良いスチールクーラーを入れることができます。有名アウトドアブランドだと、約3万はするので2/3の価格で購入することができます。

イグルー(IGLOO) ステンレスクーラー

アメリカでNo.1のクーラーボックスブランドのイグルー(IGLOO) 。高い保冷力で、キャンプやBBQはもちろん様々なアウトドアに使用できます。イグルーは釣りのイメージが強い方もいるかもしれませんが、このステンレスクーラーはキャンプシーンにも馴染むデザインとカラーです。フロント面に栓抜きや排水のためのドレインコックが付いています。

テントファクトリー(Tent Factory) メタルクーラースチールボックスL

2012年に横浜でスタートした総合アウトドアブランドのテントファクトリーのステンレスクーラーボックス。高密度ウレタンフォームで保温性に優れていう上、カラーバリエーションが豊富でシーンや自身のキャンプギアに合わせてオシャレに選ぶことができます。

もう少し小さい容量の30Lや40Lハードクーラーのおすすめが知りたい人はこちら↓

54QTステンレスクーラーボックスを最強にする保冷剤とクーラースタンド

出典:Amazon

54QTステンレスクーラーボックスを最強にする保冷剤「ロゴス倍速凍結パック」

クーラーボックスには最強保冷剤「ロゴス倍速凍結パック」の使用がおすすめ!

当たり前ですが、クーラーボックス自体に冷やす機能はありません。クーラーボックスの性能だけではなく、保冷剤の性能も重要です。そこで魚も凍ると謳っているロゴスの強力保冷剤をステンレスタイプのハードクーラーボックスと組み合わせることで、最強の保冷機能を長時間継続することができます。事前準備の凍結時間が約18~24時間と従来品の約半分になり使い勝手が向上したロゴスの倍速凍結バック2個セットで上下から冷気で挟み、冷えひえの飲み物や食材を新鮮なままアウトドアに持ち出しましょう。

54QTステンレスクーラーボックスを最強にするクーラースタンド

地面の熱でクーラーボックスが温められてしまうので、クーラースタンドの使用もおすすめ!

クーラーボックスを地面に直接置くと、地面からの熱伝導により保冷性が低下します。クーラーボックススタンドを使用することで、地面からの熱を遮ることができるので、クーラーボックス内の冷却剤の効果が最大限に引き出され、長時間の保冷が可能になります。またクーラーボックススタンドを使うと、クーラーボックスを適切な高さに設置することができます。これによりしゃがむ必要がなくなり、立ったままでの中身を取り出すことができてとても便利です!

移動がラクなキャスター付きの大型ハードクーラーボックスに特化したオススメ紹介記事はこちら↓

54QTステンレスクーラー持って相模原にキャンプ(BBQ)へ行こう!

さがみはらチアリングバートナー

相模原市では、自治体をあげてキャンプ を観光の軸にしようとしている市の一つです。そんな相模原市には道志川沿いをはじめ数多くのキャンプ 場が存在します。本ブログは「相模原×キャンプ=∞」をテーマに記事を書いています。都心から1時間とアクセスが良く、緑豊かで自然を感じられる相模原で家族みんなでキャンプ、BBQを通じて楽しい時間を過ごしてみてください。

ファミリーにおすすめのキャンプ場やBBQができる河川敷、初心者向けのキャンプ情報を発信しています!

都心から1時間とアクセスが良く、緑豊かで自然を感じられる相模原は家族でデイキャンプ、BBQにもってこいです!

道志川周辺エリア

相模湖周辺エリア

相模川周辺エリア

藤野周辺エリア

相模原にはキャンプ場以外にも無料でキャンプ、BBQができる河川敷もあります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さがみはらチアリングパートナーとして、「キャンプ×相模原=∞」をテーマに魅力を発信します。 ”らくにキャンプを” をコンセプトに、超初心者、ライトキャンパー向けにキャンプ場情報、デイキャンプレポ・キャンプ道具・キャンプ飯を紹介!また相模原のお祭りやイベント、お出かけ情報なども紹介しています。

目次