【ワークマンDIY】350円パラメイトロープと自在金具でガイロープを作ろう

当ページのリンクには広告が含まれています。
ワークマンDIY350円パラメイトロープと自在金具でガイロープを作ろうのアイキャッチ画像

テントやタープのガイロープ が切れても少しの費用で作れます、安心してください。

自在金具2

テントやタープのガイロープが切れたとき焦りますよね。

ワークマンの350円パラメイトロープ499円自在金具を使ったキャンプで使えるガイロープのDIY方法を紹介します。タープガイロープ 8本を1300円以下で作れます。(※350円で4本)

記事では、パラメイトロープの特徴や用途についても解説しています。さらに、自分好みの色や長さにアレンジして楽しめる点も魅力です。アウトドア用品やアクセサリーの材料としても使える軽量かつ高強度なパラメイトロープと自在金具で、手作りガイロープを作ってみませんか?

目次

パラメイトロープと自在金具でキャンプで使えるガイロープは自作できる

そもそもテントやタープのガイロープは切れるもの

前回行ったデイキャンでガイロープが切れちゃった、どうしよう

キャンプでテントやタープを使用する場合、強風や長期使用によって、ガイロープが切れてしまうことがあります。特に、安価な商品に予め付属しているガイロープはそもそも強度が強くないものも多く、何度が使用しただけでも切れてしまうことがあります。

そのような場合、購入を考えても良いのですが、パラメイトロープ(後でどんなロープか紹介します)を使用してコスパ良く自作することができます。今回は、そんな時に役立つ、パラメイトロープを使用したガイロープの作成方法をご紹介します。

そもそもパラメイトロープって何?

パラメイトロープ

パラメイトロープ ??じゃなくてガイロープが欲しいだけど、、、

パラメイトロープ とは?

パラメイトロープは、高強度・耐久性に優れたナイロン製のロープです。本来はパラシュートの支持用途に使用されることが多いため、「パラシュートコード(Parachute cord)」の略称である「パラコード」とも呼ばれます。近年では、アウトドア用品やアクセサリーの材料としても広く使用されています。

パラメイトロープは、通常のロープよりも軽く、細く、柔らかいため、持ち運びや取り扱いが簡単です。また、ナイロン製やポリエステル製なので、水や湿気にも強く、錆びたり腐ったりする心配もありません。さらに、内部に芯糸(コア)があるため、強度が高く、引っ張りや摩擦にも強いという特徴があります。

パラメイトロープの用途

パラメイトロープは、アウトドア用品やアクセサリーの材料として、様々な用途に使用されています。以下に代表的な用途をご紹介します。

  1. キャンプ・ハイキング用品 ・テント・タープの張り綱 ・寝袋のフードコード ・リュックサックのストラップ ・アクセサリー(ブレスレット、キーホルダーなど)
  2. 救援用品 ・ナイフのハンドルのラッピング ・救急用品(テープ代わりとして)
  3. その他 ・ペットの首輪・リード ・DIY用品(カーテンや鞄の取っ手など)

以上のように、パラメイトロープは、様々な用途に使用されています。また、カラフルな色やパターンのバリエーションが豊富なので、自分好みのデザインでアレンジすることも可能です。

気分によって、好きな色に変えてみるのもいいわね

アウトドアにおいては、パラメイトロープがあると、あらゆる場面で大変役立ちますので、ぜひ活用してみてください。

ワークマン以外にも、建築用工具やDIY用品に定評がある髙儀のパラメイトロープはAmazonや楽天で購入できます↓
本記事と同様の4mm×15mのものです。

その他のパラコード(パラメイトロープ)のおすすめ記事はこちら↓

DIY パラメイトロープと自在金具でガイロープの作り方を解説

キャンプ場でテントやタープを設営する際、安定性を高めるためにガイロープを使用します。しかし、市販のガイロープは高価であったり、必要な長さがなかったりすることもあります。そこで、パラメイトロープを使ってコスパ抜群の自作のガイロープを作ってみましょう。

材料 (ワークマンで全て揃う)

材料は 「パラメイトロープ (4mm×15m)」、「自在金具」の2つだけ

パラメイト、自在金具

材料以外に必要な道具は、「ハサミ」、「ライター」の2つだけ

作り方

  1. 必要な素材を揃えます。 パラメイトロープ、自在金具を用意しましょう。
  2. 必要な長さに合わせてパラメイトロープをカットします。今回はバンドックミニヘキサゴンタープ用に作成したので、4mを6本、3mを2本作ります。
  3. リフレイヤー(ほつれ)を防止するために、端をカットしライターで炙り溶かすのがポイントです。
  4. 炙った端の熱が取れたら、自在金具を取り付けたら完成です。

ハサミで8本にカット

先端をライターで炙ってほつれないように

以上の手順に従って作成したパラメイトロープのキャンプ用ガイロープは、テントやタープの支柱の安定性を高めることができます。また、自作することで、必要な長さにカットすることができるため、自分に合った長さで作ることができます。

余談ですが、私は予備のパラメイトロープ と自在金具をツールボックスに入れてあります。そうしておけば、キャンプ場で設営中に切れてしまってもいつでも作れるので安心です。

下の写真は作成したガイロープで実際にタープを立てた写真

ヘキサタープ

自作したガイロープでもしっかりタープを立てることができます。

その時のデイキャンレポも良かったら読んでみてください↓↓↓

長さも色もギアに合わせて、自分好みに簡単に作れる

もし切れ端が残ったら、それでアクセサリーを作って見てもいいかも

パラメイトロープは、高強度で耐久性があり、キャンプでの様々な用途に適している素材です。

ワークマンやネットショッピングで安価な価格で買うことができます。自作のガイロープを作って、キャンプ場でより快適な時間を過ごしましょう。

パラコード(パラメイトロープ)のおすすめ6選紹介記事はこちら↓

記事を読んでも難しそうと感じたり、そこまで時間がない方は、
予備のガイロープを購入してツールボックスに入れておけば安心です↓

ガイロープのおすすめ10選紹介記事はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さがみはらチアリングパートナーとして、「キャンプ×相模原=∞」をテーマに魅力を発信します。 ”らくにキャンプを” をコンセプトに、超初心者、ライトキャンパー向けにキャンプ場情報、デイキャンプレポ・キャンプ道具・キャンプ飯を紹介!また相模原のお祭りやイベント、お出かけ情報なども紹介しています。

目次