【ファミリーに人気のタープ10選】予算別おすすめタープの選び方

当ページのリンクには広告が含まれています。
【ファミリーに人気のタープ10選】予算別おすすめタープの選び方のアイキャッチ画像

日差しを遮ったり、雨風を防いだりとタープがあることによりキャンプの快適性は格段に上がります。タープの性能を十二分に発揮させるには、人数や目的をしっかり抑えた上でタープを選ぶことが重要です。本記事では、ファミリーキャンプで使用する際のタープ選びのポイント(形、素材)と価格帯別におすすめタープ10選を紹介します。

目次

タープ選び方のポイント:形と素材に注意、人数や目的に応じて使い分ける

タープ選び方のポイント① タープの形

タープの形は大きく分けて3種類あります

オープンタープ

オープンタープは、三角形や長方形、六角形や八角形など、多角形の形状をしたタープです。長方形のスクエアタープや六角形のヘキサタープなどは数多くの商品がラインナップされています。オープンタープはスタイリッシュでおしゃれなデザインが多く、またポールとガイロープを調整することで色々な形にアレンジすることができます

屋根型タープ

屋根型タープは、四角い形状が特徴的なタープです。屋根のような形をしているため、設置すると建物の屋根のようなイメージになります。屋根型タープは、風通しがよく、中にいる人の視界も広くなるため、屋外でのアウトドア活動には最適なタープです。またワンタッチで簡単に設営することができます

スクリーンタープ

スクリーンタープは、壁面にメッシュ生地を使用しているタープです。これにより、風通しの良さや虫除け効果があります。スクリーンタープは、夏場のキャンプ場や海水浴場など、暑くて虫が多い場所で快適に過ごすことができます

タープ選び方のポイント② タープの素材

タープに使用される素材は大きく分けて4種類あります。日差しの強い夏キャンプで使用するなら遮光性、焚火を楽しみたいなら火の粉で穴が空きにくい素材など、キャンプの目的に応じて選ぶ必要があります。それぞれのメリット・デメリットをまとめたので、タープ選びの参考にしてください。

ポリエステル製タープ

軽量で持ち運びがしやすい ・価格が比較的安価 ・水や風に強い

紫外線に弱く、劣化が早い ・防水性が低い

ナイロン製タープ

軽量で持ち運びがしやすい ・防水性が高い・紫外線に強い

価格が比較的高価 ・撥水性が低い ・火に弱い

コットン製タープ

耐久性が高い ・断熱性が高い優・炎に強い焚火もOK

重量が重い・価格が高価である ・乾きにくい

ポリコットン製タープ(TCタープ)

TCとは、ポリエステルとコットンを混ぜて織った生地のことです。 生地の割合はポリエステル65%に対して、コットン35%が一般的な割合になってます。両方の良いとこどりをしています。

遮光性もあり焚火もできる、コットン製より軽くて安価

ポリエステル製より価格が高い

ワンポイントアドバイス
タープの下で焚き火がやりたい場合(雨が降ってる時など)は、コットンかポリコットンでないと火の粉ですぐにタープに穴が空いてしまう可能性があるため気をつけないといけません。

予算別ファミリーにおすすめタープ10選

商品名の隣の価格はメーカー希望価格なので、実際にはもう少しお得に購入できます

予算4万円で購入できるファミリーにおすすめタープ

snow peak(スノーピーク)アメニティタープヘキサLセット ¥34,980(税込)

エントリーモデルと言えどそこはスノーピーク、遮光性も撥水性も十分なスペックとお洒落なデザイン

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ラニーメッシュタープテント¥35,200(税込)

大型のスクリーンタープで、快適なリビングが簡単に設営可能、キャプテンスタッグは価格も安価でコストパフォーマンス良し

予算3万円で購入できるファミリーにおすすめタープ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)青空タープTC ¥30,580(税込)

TC素材で焚火もOK、天井にはベンチレーターを確保で焚火の煙を効率的に逃がしてくれます、焚火好きに◎

MC TOMOUNT(トマウント)大型TCシェード ¥29,999(税込)

サイドスクリーンにより風除け・日除けの効率が良く、日陰の面積も広く涼しく快適、キャンプサイトで目を惹きつけるトンネル状のデザイン

予算2万円で購入できるファミリーにおすすめタープ

Coleman(コールマン)ヘキサライト+ ¥19,580(税込)

付属ポールも極太で強度が強く安心して使える一品、遮光性も高く日差しが強い夏キャンプでもバッチリ

Coleman(コールマン)インスタントバイザーシェードⅡ/M+ ¥17,380(税込)

開くだけの簡単設営、従来製品に比べコンパクトに収納可能

山善 キャンパーズコレクション スクリーンハウス ¥11,800(税込)

4面メッシュで通気性抜群、取り外しできる日除けシート付きで紫外線対策もバッチリ

予算1万円で購入できるファミリーにおすすめタープ

DOD(ディーオーディー)いつかのタープ ¥10,700(税込)

いつかやろうを今やろう。初心者におすすめのベーシックなヘキサタープ。オールインで買い足し不要!

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープ ¥8,800(税込)

ミニと書いてあるが4.3m×3.5mもある、ファミリーで利用可能サイズ

FIELDOOR(フィールドア)ワンタッチタープテント ¥9,400(税込)

持ち運びしやすく簡単設営できるので、キャンプはもちろんアウトドアでの日除けにピッタリ

相模原市緑区は自然いっぱいでキャンプやBBQができる!

さがみはらチアリングバートナー

相模原市では、自治体をあげてキャンプ を観光の軸にしようとしている市の一つです。そんな相模原市には道志川沿いをはじめ数多くのキャンプ 場が存在します。本ブログは「相模原×キャンプ=∞」をテーマに記事を書いています。都心から1時間とアクセスが良く、緑豊かで自然を感じられる相模原で家族みんなでキャンプを通じて楽しい時間を過ごしてみてください。

ファミリーにおすすめのタープを手に入れて、道志川や相模湖など人気キャンプ場へ出かけましょう!

都心から1時間とアクセスが良く、緑豊かで自然を感じられる相模原はデイキャンプ先にもってこいです

道志川周辺エリア

相模湖周辺エリア

相模川周辺エリア

藤野周辺エリア

相模原にはキャンプ場以外にも無料キャンプができる河川敷もあります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さがみはらチアリングパートナーとして、「キャンプ×相模原=∞」をテーマに魅力を発信します。 ”らくにキャンプを” をコンセプトに、超初心者、ライトキャンパー向けにキャンプ場情報、デイキャンプレポ・キャンプ道具・キャンプ飯を紹介!また相模原のお祭りやイベント、お出かけ情報なども紹介しています。

目次